インフォメーション

建築文化推進委員会

都市委員会/福井健司さん送別会

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

静岡県建築士事務所協会中部支部関係者、都市委員会の皆様へ
昨日は皆様に見送って頂き有難う御座いました。
私が事務所協会の担当をすることになり、都市委員会に所属して早くも7年が経ちましたが、その間、委員会活動や各事業において皆様にはご協力を頂き、感謝しております。
また研修旅行や懇親会などでは親しくして頂き、とても楽しい時間を過ごす事が出来きました。
この度、名古屋支店に転勤することになり事務所協会中部支部の担当から外れることになりましたが、今年度は事業に参加する予定です、次年度より後任に引き継ぎますので今後とも宜しくお願い致します。
なお携帯番号は変わりませんので、名古屋にお越しの際は気軽にお声掛け下さい。
7年間大変お世話になり有難う御座いました。

都市委員会幹事 サンベース株式会社 静岡支店 福井健司

 

研修委員会/平成27年度 日帰りバスの旅 東京編 報告

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

日帰りバスの旅

静岡県建築士事務所協会中部支部では、8月27日(木)に視察研修を実施し二つの建物を見学致しました。まずは下部に豊島区役所、上部に分譲マンションという「としまエコミューゼタウン」。旧豊島区役所敷地を定期借地で貸し出すことで、新庁舎建設の費用を捻出するなど、今後の庁舎建設の新たな手法として注目されています。次ぎは羽田空港に近いクロネコヤマトの新たな物流拠点である「羽田クロノゲート」。ヤマトグループの次世代物流ネットワーキングを担う施設として、物流の中継地のみならず、付加価値サービスとしての医療器具のレンタルや家電の修理等も行える施設となっています。また、地域に開放されたエリアには保育所や障害者雇用促進事業の施設等が「和の里パーク」のみどりの中に点在しています。

研修委員会委員長 大瀧敬久

としまエコミューゼタウン

日本初のタワーマンションと区庁舎が一体となった建築物 

としまエコミューゼタウン

建物概要
所在地 東京都豊島区南池袋二丁目45番1号
着工 2011年9月 建設期間 2012年 – 2015年3月
竣工 2015年3月2日 開業 2015年5月7日
高さ 189メートル 階数 地上49階・地下3階・塔屋2階
敷地面積 8,324.91 m² 建築面積 5,319.73 m²
延床面積 94,681.87 m² 構造形式 SRC造・RC造・一部S造
設計 ㈱ 日本設計 施工 大成建設東京支店
デザイン協力 隈研吾建築都市設計事務所

 

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン

としまエコミューゼタウン


羽田クロノゲート

羽田空港に隣接した日本最大級の物流拠点であり、
様々な機能が一体化した大型複合施設

羽田クロノゲート

※写真をクリックすると拡大表示されます。

建物概要
所在地 〒144-0042 東京都大田区羽田旭町11番1
着工 2010年12月 竣工 2013年9月20日
高さ 48.6m 階数 9階
敷地面積 102,772.19 m² 建築面積 45,165.86 m² 
延床面積 197,575.57 m²   
施工 鹿島建設 建築主 ヤマト運輸

 

羽田クロノゲート

羽田クロノゲート

羽田クロノゲート

羽田クロノゲート

羽田クロノゲート

羽田クロノゲート

夕食懇親会 横浜レンガ倉庫内レストラン

夕食懇親会

夕食懇親会

夕食懇親会

夕食懇親会

夕食懇親会

お疲れ様でした。楽しい時間をありがとうございました!

研修委員会/平成27年度 研修旅行のご案内(日帰りバスの旅)[ 東京編 ]

 インフォメーション 建築文化推進委員会

 拝啓 会員の皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は当協会の支部活動にご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
 さて、今年度も恒例により研修旅行を開催いたします。施設担当者による説明も計画しておりますので、所員の皆様にも積極的にご参加いただきたいと考えております。
 会員・所員の皆様の思い出に残る、有意義な研修旅行にしたいと幹事一同趣向を凝らしておりますので、是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

研修委員長 大瀧敬久

1.日程  8月27日(木)  6:45   集合 静岡駅南口スルガ銀行前
 7:00   出発 
10:30~  としまエコミューゼタウン(視察)
12:00~  移動(昼食)
13:30   受付
14:00~  羽田クロノゲート(視察)
16:00~  夕食懇親会(横浜レンガ倉庫内レストラン)
20:30頃  静岡駅南口スルガ銀行前着
としまエコミューゼタウン  竣工:平成27年  設計: ㈱ 日本設計
(日本初のタワーマンションと区庁舎が一体となった建築物)
羽田クロノゲート      竣工:平成25年   設計:㈱ 日建設計
(羽田空港に隣接した日本最大級の物流拠点であり、様々な機能が一体化した大型複合施設)
2.参加申込 下記申込書に必要事項をご記入のうえ事務局までFAXしてください。
3.参加費  6,000 円
4.定員 40名
5.申込締切  平成27年8月19日(水)※期限厳守 先着順!
 尚、申込み多数の場合は参加をお断りする事もありますのでご了承ください。
6.その他 最終的な日程、参加費の支払い方法については、後日参加申込者にご連絡致します。
CPD(「建築士会継続能力開発制度)申請中!!

※ 問い合わせ・申込先 TEL(054)251-9190 FAX(054)255-8955

都市委員会/パネルディスカッション

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

対談「新国立競技場の建設計画で問われていること」

 2020年の東京五輪誘致のタイミングに、新国立競技場建替えの国際設計コンペが昨年開催され、11月ザハ・ハディドがその設計者に決定しました。CGで見る限りその曲面を多用した優美かつ躍動的なデザインは、見る人を近未来的デザインの世界へ誘い、言葉を失わせるほどの威容は「良い悪い」の尺度を超えて圧倒的迫力で人々に迫りました。
 その後正式に東京五輪が決まり、ザハが提案する新国立競技場が現実のものとして報道された時、先ず声を上げたのが槇文彦氏でありました。
 彼は、都市の文脈にそぐわないスケールとプログラムの未熟さを指摘し、都市デザインに向き合う際、何を判断の基準に据えればよいかをJIAの機関誌の中で明確にしました。さらに成熟した市民社会においては、市民の同意なくして景観を私的に変えることは許されないことを、ヨーロッパの都市を引用して説き、景観やまちづくりを考える際の規範や拠り所を正確に示して見せました。
 これがきっかけとなり、新国立競技場と東京五輪の関連施設にまつわる是々非々は、五輪後のまちづくりのあり方と、そのための市民合意の大切さへと議論の方向を向かわせました。
 我々、静岡県建築士事務所協会中部支部 都市委員会は、東京で起きているこの議論に注目しました。これは東京一都市の問題ではなく、どこの都市にもあてはまる現代的テーマではないか、さらに都市デザインとは専門家による事前レヴューがあって初めてその是非を市民に問い、合意を得ていくプロセスがあるべきものではないか、・・・。
 以上のような経緯を経て、ここに二人の建築家の対談を企画しました。

芦原太郎 氏
芦原太郎建築事務所所長

松隈 洋 氏
京都工芸繊維大学教授

日 時 2014年12月11日(木)
開 場 14:00〜
対 談 14:30〜17:00
会 場 ペガサート6階
    プレゼンテーションルーム

 

都市委員会講演会03 都市委員会講演会01 都市委員会講演会02

都市委員会/都市委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

鳥居久保都市委員長

平成26・27年度 都市委員会委員長 鳥居 久保

 今年度、都市委員長に就任した、鳥居久保です。事務所協会では今回初めての委員会参加になりますが、建築諸団体での経験を活かして、しっかりと貢献したいと思います。

 事務所協会がその活動の基本として担っている消費者保護の立場は、同時に公共の利益をどう守るかであり、そこにはすでに都市空間への社会的責任が生じます。つまり、都市委員会の活動はものづくりにおける設計者への原理的な問いかけであり、そこに多くの会員が参加でき、互いに刺激が受けられる環境を作っていけるよう努力いたします。今後共、宜しくお願いします。

研修委員会/研修委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

大瀧敬久研修委員長

平成26・27年度 研修委員会委員長 大瀧 隆久

 平成26年度・27年度、研修委員会委員長を務めさせて頂きます大瀧敬久です。新任ですが、高橋支部長の下、所属建築士の定期講習や日帰り研修旅行の設営を通じて、会員の皆様のスキルアップのお役に立てるよう活動してまいります。活発な委員会活動ができるよう、会員の皆様にはご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

研修・技術委員会/研修・技術委員会担当副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会 業務技術委員会

山本康二朗副支部長

研修・技術委員会担当副支部長 山本 康二朗

 研修、技術委員会の担当副支部長を仰せつかりました山本です。大役を二期渡り拝命頂き益々身が引き締まる思いです。今期は高橋新支部長の下、各事務所のスキルアップを目指し企画、運営をして参ります。視察旅行、講習会など益々力を入れ、会員の皆様の一助となるよう活動して参りますので、ご支援の程よろしくお願いします。

業務・都市委員会/業務・都市委員会担当副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会 教育情報委員会

高木一滋副支部長

業務・都市委員会担当副支部長 高木 一滋

 平成26年、27年度、業務都市副支部長を務めさせて頂きます、高木一滋(かずしげ)です。 宜しくお願い申し上げます。いよいよ、高橋支部長の元、中部支部の活動が始まりました。高橋支部長が、スムーズに会を運営できるように、陰ながら支えて、と言うか、足を引っ張らず頑張っていきたいと思います。
 そして、本年度から業務・都市委員会とも委員長が代わりました。両委員長とも、建築はもとより人生の大先輩であり、正直少しビビッておりますが、両委員会とも、会員メンバーやその他の方にも大変有益な講演会などを企画されておりますので、どうぞご期待して下さい。
 改めて、宜しくお願い致します。

ページの先頭へ