インフォメーション

令和6年度 中部支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE

令和6年度・7年度 中部支部支部長を担当する七丈設計佐藤信行です。
従来の中部支部の活動を踏襲しつつ、新たな活動を行い会員相互の技術力の向上と、会員の設計する建築の品質向上のお手伝いができるように努めていければと思います。
近年、建築設計の業務では社会の急激なデジタル化によって大きく業務の形態が変更されております。DXを活用した建築設計業務の改革が今後必須となってます。BIMにとどまらずBIMとAIの融合、プレゼン資料のAIの活用等、建築設計にとって社会課題となっている仕事の効率化を図るにあたりDXは必須になってきます。DXの様々な手法を検討し地域の設計事務所ができることを研修会等で紹介できればよいのではと考えます。
地域の建築事務所の役割の一つに“町医者”のような使命があると思います。地域の建物の困りごとを丁寧に解決し、さらにはそのことによって地域の建物の品質を少しずつ向上させていくことで、地域の人たちの信頼を頂き、そこから少しずつ身近な存在になっていくことが大切であると思います。
二年間という短い時間だけですが、よろしくお願いします。

ページの先頭へ