インフォメーション

広報渉外委員会

令和3年度 建築文化推進・広報渉外委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

令和3年度 建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 山本康二朗

『新年度の抱負』

2020年は思いもかけず、大きな変革の年になったのではないでしょうか。先が見えないながらも、良い時代に移って行く予感でワクワクしております。
建築文化推進委員会の建築系学生対象「設計コンペ」も、予想を超える応募があり、良いスタートが切れました。今年度も引き続き確かな事業が確立できるよう邁進してまいります。
広報渉外委員会では、リモートがしやすいようにHPの改築も致しました。時代を読みながら変化する情報発信に努めます。
会員の皆様方のお力添えを頂きながら、新しい時代を楽しみながら作っていく覚悟です。
新年度も変わらずのご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

令和3年度 広報渉外委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

令和3年度 広報渉外委員長 深澤 勇気

『新年度の抱負』

今年度より、広報渉外委員会の委員長を担当させていただくことになりました深澤と申します。
昨年度より、webを活用した講習会やリモート会議等が増え、今後はホームページの活用にこれまで以上の期待が高まると考えております。
会員の皆様に、一段と活用していただけるようなホームページ造りを目指していきたいと思います。
また、広報誌「The TUBE」の益々の内容充実をはかり、会員の皆様のみならず関係各社、より多くの皆様に読んで頂ける様引き続き努めてまいります。
本年度もよろしくお願いいたします。

令和2年度 建築文化推進・広報渉外委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

令和2年度 建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 山本康二朗

『新年度の抱負』

新しい年の始まりですね。そして新しい時代が始まりました。先が見えないからこそ楽しみで、ワクワクしております。
昨年度、検討に検討を重ねた、建築文化推進委員会の建築系学生対象「設計コンペ」も、初めての試み。建築の学生を巻き込んだ、静岡の建築のレベルアップ、将来の協会員の育成を見据えた、今までにない事業になっております。
広報渉外委員会では、コロナ禍で今まで以上に情報が大切になる時代において、様々な情報の発信に努めてまいります。
会員の皆様方のお力添えを頂きながら、新しい時代を楽しみながら作っていく覚悟です。
新年度も変わらずご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

令和2年度 広報渉外委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

令和2年度 広報渉外委員長 塚本 章博

『新年度を迎えて』

新たな元号が始まり2年目を迎えると同時に新たな生活スタイルを求められ、周辺の環境が目まぐるしく変化し続けていく中で、人との関わり方、技術活用の仕方などその変化やニーズに対応していく為には、情報共有や人とのつながりは益々重要なものとなってきています。
今年度、広報渉外委員会ではメンバーや業界に向けてのwebを活用した講習会や情報共有に力を入れ、一段とホームページの活用をして頂けるよう尽力して行きたいと考えます。
同時に『the TUBE』の内容も変化を問われる年となりそうですので、これをチャンスととらえ「面白い発行紙」としていきたいと考えています。

令和元年度 建築文化推進・広報渉外委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

令和元年度 建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 山本康二朗

『新年度の抱負』

委員会の再編成を行い、構造委員会を新設してのスタートになりました。メンバーも一部入れ替わり活発な活動が期待されます。私が担当させてい頂く、建築文化推進委員会と広報渉外委員会では、講演会や情報の発信だけに留まらず、建築の学生を巻き込んだ事業を行い、静岡の建築のレベルアップ、将来の協会員の育成も行っていきたいと思います。

それには会員の皆様方のお力添えを頂きながら、建築の楽しさを発信して行きたいと考えております。

新年度も変わらずご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

令和元年度 広報渉外委員会委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

令和元年度 広報渉外委員長 塚本 章博

『新年度への抱負』

『令和』という新たな時代を迎え、本会の益々の発展に尽力したいと考えます。
またご好評頂いております広報誌「The TUBE」の益々の内容充実をはかり、会員の皆様のみならず関係各社、より多くの皆様に読んで頂ける様引き続き努めてまいります。 ホームページについては会員の皆様がより活用できるものを目指し、また、新規開設事務所の皆様が入会したくなるような楽しいホームページにしていくよう努めます。
本年度もよろしくお願いいたします。

建築文化推進・広報渉外委員会/建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 山本康二朗

『新年度の抱負』

中部支部は今年度より新支部長を迎え、委員会編成も大きく変わり、新しい気持ちでスタートを切る事が出来ました。私も今までの古巣を脇坂副支部長に引き継いで頂き、新たに建築文化推進委員会と広報渉外委員会の担当副支部長を拝命致しました。慣れない部分もございますが、各委員長並びに、各委員会メンバーと共に気を引き締めて会員の皆様の為になる事業を行って参る所存です。
さて、高度経済成長期に設立された当協会は、今年設立50周年の節目の年を迎えました。2年後に再び東京オリンピックを控え景気が上昇しているものの、設立当時とは全く異なる時代を迎えており、舵の取り方も工夫や改善をしていく必要が有ります。ただいつの時代も共通して言えるのは、次の時代を担う人材を育てる事だと思います。
それにはベテランの会員の皆様方のお力添えを頂きながら、古き良きものは残し、新しい風を取り込みつつ、若手会員の増加と育成が出来るよう更なる拡大に力を入れて行きたいと思います。
新年度も変わらずご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

広報渉外委員会/広報渉外委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

広報渉外委員長 塚本 章博

『新年度への抱負』

本会創立50周年の節目の年を中部支部広報渉外委員会として全力でサポートし記念事業の成功に寄与したい思います。 またご好評頂いております広報誌「The TUBE」の益々の内容充実をはかり、会員の皆様のみならず関係各社、より多くの皆様に読んで頂ける様引き続き努めてまいります。 ホームページについては会員の皆様がより活用できるものを目指しまた、新規開設事務所の皆様が入会したくなるような楽しいホームページにしていくよう努めます。 本年度もよろしくお願いいたします。

都市・広報委員会/都市・広報委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

都市・広報委員会副支部長 高木 一滋

『今年度の抱負』

静岡市はもちろんのこと、静岡県全体でも人口流失が、今大きな社会問題となっております。
温暖でありかつ衣食住に大変恵まれたこの静岡で、なぜ人口流失がおきているのか? 経済的な問題が大きな要素であることは予測できますが、都市のあり方・まちづくりの観点からも検証していきたいと思います。
都市委員会では魅力あるまちづくりをテーマに、広報委員会では会員相互に有益な情報発信を更に高めていく活動を、サポートしていきます。

広報委員会/広報委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

広報委員長 塚本 章博

『新年度への抱負』

ご好評頂いております広報誌「The TUBE」の益々の内容充実をはかり、会員の皆さんのみならず関係各社の皆さんにもっと読んで頂ける様、努めてまいります。 またホームページについては、会員への情報提供を始め、新規開設事務所の皆さんが入会したくなるような楽しいホームページにしていくよう努めます。 本年度もよろしくお願いいたします。

都市・広報委員会/都市・広報委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化委員会 広報渉外委員会

都市・広報委員会副支部長 高木 一滋

『今年の抱負』

 今年は、都市委員会及び広報委員会とも、新委員長となり、リフレッシュされました。
私自身も、広報は初めての担当となり、かなりプレシャーがかかっております。


 とはいえ、両委員会とも会員相互の交流が楽しくかつ有意義になるよう、委員長の足を引っ張らず努めていく所存ですので、みなさま宜しくお願い申し上げます。

広報委員会/広報委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

広報委員長 塚本 章博

『新年度への抱負』

 会員の皆様が一日一回覗いてみたくなるようなホームページを目指し、一層内容の充実に努めたいと思います。 また広報紙「The TUBE」も同様に発行回数は年一回と少ないですが、その分充実した内容にしたいと考えております。 会員の皆様への有効な情報発信を行い、会員サービス向上を目指します。

広報委員会/平成28年度 事業計画書

 インフォメーション 広報渉外委員会

計画年月 内   容
平成28年  
4月 第1回 委員会開催
顔合せ,年間事業計画の確認,ホームページ更新
6月 第2回 委員会開催
ホームページ更新,イベントの取材担当確認
8月 第3回 委員会開催
ホームページ更新,イベントの取材担当確認
10月 第4回 委員会開催
ホームページ更新,イベントの取材担当確認
12月 第5回 委員会開催
ホームページ更新
平成29年  
2月 第6回 委員会開催
ホームページ更新,TUBE編集作業
 3月 第7回 委員会開催
ホームページ更新,TUBE発行
会員拡大の実施
委員会会議の開催
基本的には、二ヶ月に1回開催し事業直前には支障のないよう随時開催する
本会(広報・渉外委員会)への協力

広報委員会/ホームページが立ち上がりました!

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

広報委員会-編集会議20140529-1

 広報委員会編集会議 中部支部 事務局にて開催

広報委員会-編集会議20140529-2事業方針及び概要

 本年度は広報誌「ザ・チューブ」を充実した内容で1回の発行とし、ホームページの充実を図り皆様に楽しみにして頂ける様に努力して参ります。支部活動の報告はもちろんのこと、身近な話題や為になる情報など、様々な視点から発信して参ります。
 また、HPへの管理・運営方法を構築し、情報提供の具体的な方策と合わせて広い視野で検討していきたいと考えております。
 各委員会とも連携して、会員相互のコミュニケーションを活性化し、中部支部がますます元気になるような「しくみ」を考えて参ります。

事業内容 5月29日(木)午後4時〜

1. 広報誌「ザ・チューブ」の発行 年1回

2. ホームページへの管理・運営  (月1回以上の更新とタイムリーな情報提供)  

3. 今後の広報誌の方針の検討

4. 会員拡大の実施

5. 委員会会議の開催
  基本的には月に1回開催とし、事業直前は支障のないよう随時開催する。

6. 本会(広報渉外委員会)への協力

 

広報委員会/広報委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

西原 桂広報委員長

平成26・27年度 広報委員会委員長 西原 桂

 広報委員会では広報誌を通年は年6回の発行をしてきました、近年は予算の都合により年3回の発行を余儀なくされています、年3回の発行ではタイムリーな記事を提供することが難しく読者離れ、また、会員の減少が進む事を懸念しています、前から問いただされていたHPの活用を今年度より広報委員会で運営・管理して行く事にしました。
  設立時から発行している広報誌(ザ・チューブ)も100号を超え、無くしてしまうのは心苦しいし、また、楽しみにしている会員もあり年1回の発行とさせていただきます。
  今後も広報委員一同、皆様に愛読されますよう頑張って行きますのでよろしくお願いします。

総務・広報委員会/総務・広報委員会担当副支部長あいさつ

 広報 THE TUBE 総務拡大ワーキングチーム 広報渉外委員会

清水誠一副支部長

総務・広報委員会担当副支部長 清水 誠一

 総務委員会・広報委員会担当、及び会計担当の副支部長を務めさせて頂きます。
 総務委員会においては円滑な組織運営を目的とし、各委員会との連携を深めた活動を行ないます。広報委員会においては会員の皆様への活発な情報発信を目的とし、広報紙「The TUBE」の見直しと支部のホームページの充実を図り会員サービスの向上を目指します。
 守り続けるものと改めるべきものを見究め、元気な支部づくりを進めます。どうぞ宜しくお願い致します。

ページの先頭へ