インフォメーション

教育情報委員会

「スマートシティプロジェクトの今」&「建築事務所をスマートオフィスへ」講習会を終えて

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

中部支部教育情報委員会
委員長 北河利之

令和3年の講習会は、昨年度に引き続き、新型コロナウィルスに翻弄されました。本年度の講習会も、新型コロナウィルスの影響でオンライン講習会となりました。もしかして、これがスタンダードの講習会スタイルになっていくのかとも思っています。
開催日の9月14日は、静岡県内では、緊急事態宣言下での開催となりました。今回の企画自身もオンライン講習会でないと開催できなかったということになります。
今回の企画を考える際には、私共、教育情報委員会の担当となっています研修旅行が新型コロナウィルスの影響で2年連続、中止になったことを鑑みて、何とかこのような状況下の中でも企画できる研修旅行とのセットでの講習会企画に出来ないかと委員会メンバーで考えました。
そのような中、今年度県内でトヨタ自動車が未来都市ウーブンシティを県内で着工しました。建築業界では、スマートシティとの官民連携強化が必要になると考えられます。しかしながら、建築設計者でこのような都市づくりについて理解し現状を見聞きする機会はまだまだ少ないと思われます。そこで今回は、町ぐるみでスマートシティを実践している藤沢市での実例の紹介をしました。また、スマートシティが身近になるような第一歩としての、インターネットとモノを連携し建築事務所をスマートオフィス化する講習会を企画して、研修旅行も同地区への見学会としました。
企画自身は、非常に良い企画に出来たと自負しています。しかしながら講習会参加者が45人と昨年度の申し込み人数より少なく、PR方法の検討は、今後必要と思っています。

令和3年度 教育情報委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

令和3年度 教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『新年度の抱負』

早いもので2期目も後半となりました。今年度も引き続き情報教育委員会を担当させていただきます。

昨年度は委員会の皆さんが企画したオリンピック関連事業が新型コロナ感染症の影響ですべて中止となりました。一方リモート講習会にいち早く取り組み、それなりの先導役を果たしたのではないでしょうか。

今年度もまだまだ先行き見通せない状況ではありますが、新入正会員も2社加わりましたので、新しい感覚で事業を進めていけるよう、微力ながら協力していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

令和3年度 教育情報委員会あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

北河利之

令和3年度 教育情報委員会 北河 利之

『R03年度抱負』

教育情報委員会として3年目の委員会を迎えました。前研修委員会の委員長を承ってから6年がたち、今年度で最後の委員会運営を行うにあたり、集大成となる委員会運営をしていきたいと思っています。そのような中、ここ2年、新型コロナウィルスの関係で、委員会運営の一つである研修旅行が出来なくて、消化不良の委員会運営になっています。今年度こそ、このような中で出来る、研修旅行を計画すべく、4月初めの委員会から前倒しで研修旅行企画をしています。

委員長として貢献できる最大限の協会活動を通して、皆さんと楽しく1年間委員会活動・協会活動を楽しんで行っていきます。

令和2年度 教育情報委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

令和2年度 教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『新年度の抱負』

引続き2期目の情報教育委員会担当の副支部長を担当させていただきます。
新型コロナ禍の中、次々と事業が延期もしくは中止になっています。長引く予感もある中
これからは、ただ延期するだけではなく、どのようにしたら実施できるか、また本当に必要なことは何か、改めて考える良い機会ではないかと考えています。
現在は秋開催の研修会について意見交換を行っていますが、委員長をはじめ多くの委員の方々と事業の実施に向けて協力していきたいと思っています。
今期もよろしくお願いします。

令和2年度 教育情報委員会あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

北河利之

令和2年度 教育情報委員会 北河 利之

『R02年度抱負』

昨年度、業務委員会と研修委員会との合同委員会として新しく教育情報委員会として生まれ変わりました。私自身もやっと、新しい委員会メンバーの顔と名前が分かったといった感じの昨年度でした。
今年度は、新型コロナウィルスの関係でスタートが遅れましたが、これを適期と捉えまして、建築業界では遅れているテレワークでの活用をテーマにした講習会を開催して、皆に新しい仕事スタイルを提供できたらと考えています。
やっと、委員会メンバーが一体となって協会活動ができることを喜びに感じ1年間委員会活動・協会活動を楽しんで行っていきたいと思っています。

《教育情報委員会》講習会「建築実務でのドローン活用術」

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

教育情報委員長 北河 利之

10月24日の建築実務でのドローン活用術講習会には、74名と多くの参加者に、大変感謝いたします。参加者の中でも、非会員14名の参加ということで、会員外に興味を持って下さったことは、今後につながる良い企画だったと感じています。
今年度から元・研修員会のメンバーも加わり、一緒になって企画運営を出来た事は、今後の委員会運営にも弾みがつき良かったと感じています。
10月30日の建通新聞にも、今回の講習会の記事が掲載されたことで、建築業界にもドローンがツールとして今後考えられていることも実感しました。
忙しい中、運営協力してくださった役員・委員会メンバーと参加者に感謝いたします。

令和元年度 教育情報委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

令和元年度 教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『新年度の抱負』

引続き今年度も教育情報委員会担当の副支部長を担当させていただきます。

新たに旧研修委員会のメンバーも加わり、まとめる北河委員長は大変ご苦労されると思いますが、少しでもアドバイス、お手伝いできればと思っています。

教育情報委員会は、本当にまとまりのある委員会なので、新たに復活する研修旅行、協会員に新技術を提供する講習会等、事業は目白押しですが、新年度もスムーズに事業が進むよう委員の皆様の御協力をお願いします。

令和元年度 教育情報委員会委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

北河利之

令和元年度 教育情報委員長 北河 利之

『新年度への抱負』

業務委員会と研修委員会との合同委員会として新しく教育情報委員会として生まれ変わりましたが、二つの委員会が合わさったことにより行う委員会業務も二倍になりました。しかしながら、業務が増えた割に委員会人数は同じため、結局のところ、旧研修委員会の業務はなおざりになっていました。今年度は、旧研修委員会のメンバーが新しく加わり、研修委員会で行っていた施設研修を復活することにしました。

今まで業務委員会で行ってきた講習会は、より実戦的に建築士事務所で今後旬となる業務講習を開催することで、第1回委員会開催時に協議がされ、今後の委員会活動に弾みがつき、さらに気持ちが高ぶっています。

委員会に新しいメンバーが増えて協会活動ができることを喜びに感じ1年間委員会活動・協会活動を楽しんで行っていきたいと思っています。

教育情報委員会/教育情報委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『今年度の抱負』

今年度より新たに立ち上がりました情報教育委員会の担当副支部長を仰せつかりました。昨年までの研修と業務が統合された委員会です。
ずいぶん前になりますが、私が初めて委員長を仰せつかったのが研修委員会です。また、そのあと仰せつかったのが業務委員長ということで、どちらの委員会も経験がありますので、少しはお役に立てるかと思います。
顔合わせに委員会に出席しましたが、懐かしい顔も多く、楽しく委員会に参加出来そうです。二つの委員会が統合されたということで業務は多くなりますが北河委員長も十分経験豊富なので、安心してお任せできると思っています。一期二年どうぞよろしくお願いします。

教育情報委員会/教育情報委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

北河利之

教育情報委員長 北河 利之

『新年度への抱負』

昨年度の業務委員会と研修委員会との合同委員会として新しく教育情報委員会として生まれ変わりました。二つの委員会が合わさったことにより行う委員会業務も二倍になりました。業務が増えた割に委員会人数は同じため、当初は、このままで増えた業務をこなしていけるか不安でした。しかしながら、今は、新しい業務が増えたということは、より委員会メンバーとの交流も増えて、昨年度以上に皆さんと楽しんで委員会活動を続けていくことの希望と喜びにあふれて活動していく気概で気持ちも高ぶっています。
そんな中、昨年度末に委員会のメンバーと決めていた10月の講習会での建築士事務所の実践すべき営業についての講習会の開催について第1回委員会開催時に有意義に協議がされ、開催する方向で進められたことは、今後の委員会活動に弾みがつき、さらに気持ちが高ぶっています。
今年度は、50周年の特別な年であり、業務が目白押しで、委員会メンバーに限らず、協会メンバーとの交流も増えて、より活性化された協会活動ができることを期待して1年間委員会活動・協会活動を楽しんで行っていきたいと思っています。

ページの先頭へ