インフォメーション

業務技術委員会

業務技術委員会/業務技術委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

脇坂和洋耐震委員長

業務技術委員会 担当副支部長 脇坂 和洋

『今年度の抱負』

今年度から業務技術委員会の担当副支部長を仰せつかりました脇坂と申します。
業務技術委員会は昨年度までの業務委員会と耐震委員会が統合し、総勢50名程度の大所帯となりました。副支部長という大役は初めてのため、どのような役割か全部分かっているわけではありません。私は昨年度まで耐震委員長を務めておりましたので、まずは二つの旧委員会の橋渡し的な役割から果たしていきたいです。
委員会の活動方針としては、建築設計・監理に関すること、建築士事務所の経営管理及び業務報酬に関すること、建築防災に対する社会への啓発に関すること、建築の設計、工事監理、構造、設備、材料、工法等の技術監理仕様に関することと多岐にわたります。
この中から、会員の皆様の役に立ち、喜んで頂けるような、実務で役立つ講習会及び視察研修の企画を考えております。
今年度は創立50周年に当たる記念の年です。記念事業も予定されています。高木新支部長の下、中部支部及び業務技術委員会を少しでも支えていけたらと思います。1年間どうぞ宜しくお願い至します。

業務技術委員会/業務技術委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

栗原崇

業務技術委員長 栗原 崇

『今年度の抱負』

本年度より、業務技術委員長を努めさせていただきます。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
 委員会再編により、技術委員会と耐震委員会が統合され、業務技術委員会の初年度となります。
その初年度は「意匠技術と構造技術の融合」をテーマに活動していきたいと考えております。  その地域の気候、風土、文化などの特性を生かし、さまざまな建築材料を使い環境、省エネ技術などを創造し、意匠技術と構造技術を融合したデザインとすることで、建築の普遍的な価値を生み出すことができると考えます。
 委員会では、講習会、視察研修が、魅力ある有意義な事業となるよう活動していきたいと思います。
 本年度は私が事務所協会に入会して12年。初心の年にします。
精一杯がんばりますので、みなさまのご協力、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

耐震委員会/「杭と地盤改良の選定方法と設計(現場)監理について」講習会

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

2月22日の耐震委員会講習会「杭と地盤改良の選定方法と設計(現場)監理について」に多数の方にご参加頂き、誠にありがとうございました。ジャパンパイル株式会社は杭について、株式会社テノックスは地盤改良について、専門家をそれぞれお迎えして施工方法、管理方法のお話をして頂きました。また設計監理についてもポイントなどを聞くことが出来ました。この講習会で多少なりとも実際の設計や設計監理の役に立てたらと思います。協力会員による商品説明も含め、有意義な講習会が開催できたのではないかと思います。
「耐震委員会」としての講習会は今回で終わりとなります。今まで耐震委員会の委員会、講習会等の活動に協力して下さった皆様、ありがとうございました。

耐震委員長 脇坂 和洋

技術・耐震委員会/技術・耐震委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

技術・耐震委員会副支部長 山本康二朗

『今年度の抱負』

本年度も、技術・耐震の担当副支部長を務めさせて頂きます。 省エネや構造など、設計の作業が複雑化する中、自身の知識はどの程度のものなのか? どこまで設計のクオリティを上げる事が出来るのか? 外注先に任せるとしても、自身がどこまで作業を理解できているのか? など、お客様のご要望に応える為にも、スキルアップは必要不可欠です。
両委員会とも実務で役立つことを目指したセミナーの企画を本年度も考えております。
また、技術委員会では、委員会内での勉強会を立ち上げ、技術の向上を行います。
その流れを次年度以降にも繋ぎ、無理なく確実に力が付く方法を見出して行きたいものです。
本年度もよろしくお願い致します。

技術委員会/技術委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

技術委員長 栗原 崇

『今年度の抱負』

引続き本年度も、技術委員長を努めさせていただきます。 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
本年度は「建築木」をテーマに活動していきたいと考えております。
「建築木」と一言でいっても、さまざまな「木」のカタチがあります。構造材としての木、下地材としての木、仕上材としての木、家具材としての木。などなど。その地域の気候、風土、文化、特性を生かし、県産材を使った地産地消、環境、省エネ技術等、さまざまな「木」のカタチを創造することができると考えます。
委員会では、技術講習会、技術視察研修が、魅力ある有意義な事業となるよう活動していきたいと思います。
本年度は私が事務所協会に入会して11年。飛躍の年にします。 精一杯がんばりますので、みなさまのご協力、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

耐震委員会/耐震委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

脇坂和洋耐震委員長

耐震委員長 脇坂 和洋

『新年度への抱負』

今年度で耐震委員長を仰せつかりまして3期、6年目となります。 今年度も、最新の知見に基づいた耐震技術・建築防災・建築減災等の講習会を企画・開催いたします。耐震委員会ですが、構造系だけでなく、意匠系の会員にも興味を持って頂ける講習会にしたいと思います。 高橋支部長、山本副支部長のご指導の下、委員会メンバーと共に活動して参ります。どうぞ宜しくお願い至します。

技術委員会/平成28年 技術セミナー開催

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

平成28年技術セミナー

20162311月30日水曜日に技術セミナーを開催いたしました。「静岡の特性を生かした環境木造建築の計画」と題して建築家、早稲田大学教授、古谷誠章様にご講演いただきました。 大勢の皆様方にご参加いただき厚くお礼申し上げます。講演では、古谷先生の手がけられた作品を中心に、その地域の気候、風土、文化、特性を生かした建築計画の考え方、そして最も重要な、そこで生活するヒトの思いを建築として表現することの大切さを学ぶことができたと思います。3月には技術視察研修として、古谷先生が手がけられた静岡理工科大学理工学部建築学科棟enTreeを会員限定で視察させていただく予定です。 完成した建築学科棟を、古谷先生にお話しいただきながらご案内いただく、大変有意義な研修となる予定ですので、是非ご期待ください。

技術委員会委員長 栗原 崇

 

平成28年技術セミナー

 

 

 

 

 

技術・耐震委員会/技術・耐震委員会担当副支部長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

山本康二朗副支部長

技術・耐震委員会副支部長 山本康二朗

『年度の抱負』

 近年、日本国内でも異常気象や自然災害をニュースで目にする機会が多くなりました。
 記憶に新しく未だ避難所生活を強いられている方もおられる熊本地震もその一つです。
 常に地震の不安と隣り合わせで生活を営んできた私達ですが、未だ巨大地震は未経験です。
 そんな私達だからこそ、先の震災から多くを学び建築に携わる者として、建物での減災は勿論の事、安心した生活を続けられる様、価値のある提案を心掛け邁進していきたいと思います。
 その為にも身に付くセミナーや視察など、益々力を入れていきたいと思いますので、新年度も変わらず宜しくお願い致します。

技術委員会/技術委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

栗原崇

技術委員長 栗原 崇

『新年度への抱負』

 本年度、技術委員長を努めさせていただきます。 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
 本年度は県産材を使った静岡の特性を生かす環境木造建築について、省エネをテーマに置き活動していきたいと考えております。
 その地域の気候、風土、文化、特性を生かした省エネ技術を考えることで、数値化された机上の省エネ技術だけでなく、いろいろな角度から創造することのできる多種多様な省エネ技術が生まれ、その地域を形成していくのだと考えます。
 委員会では、技術講習会、技術視察研修が有意義な事業となるよう活動したいと思います。
 本年度は私が事務所協会に入会して10年という節目の年でもあります。
 精一杯がんばりますので、みなさまのご協力、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

耐震委員会/耐震委員長 挨拶

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

脇坂和洋耐震委員長

耐震委員長 脇坂 和洋

『新年度への抱負』

 今期で3期目になりますが、耐震委員会の委員長を仰せつかりました脇坂と申します。
 今年度も、最新の知見に基づいた耐震技術・建築防災・建築減災等の講習会を企画・開催いたします。構造関係だけでなく、多くの会員に少しでも興味を持って頂ける講習会にしたいと思います。
 高橋支部長、山本副支部長のご指導の下、委員会メンバーと共に活動して参ります。どうぞ宜しくお願い至します。

ページの先頭へ