インフォメーション

インフォメーション

「第2回 建築系高校生設計コンペ」開催について

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

建築文化推進委員会 中村博臣

この度、建築文化推進委員会として、前年度に続いて静岡県内の建築系高校生を対象にした第2回設計コンペを開催する事と致しました。これは、まだ社会に出る前の建築系高校生の方々にも静岡県建築士事務所協会の存在・活動の様子を知って頂き、県内建築業の更なる活性化とレベルUPを図っていく事を目的としております。
今回の設計コンペのテーマは「○○のための理想の家」とし、○○は、家族の為でもペットの為・趣味の為等何でも良しと致しました。応募締め切りを9月30日とさせて頂いた中で結果、大変喜ばしい事に前年度よりもおよそ2倍ほどの応募数となる116もの作品が提出され、中には今の時代背景に直結した「コロナ渦」の問題に対してその対策を「テーマ」とした作品も何点か見られ感心させられました。
今後の予定は、優秀作品を市民ギャラリー(静岡市)の1階にて令和3年11月30日(火)~12月5日(日)10:00~16:00に展示致します。この機会に是非高校生の作品をご覧になって改めて建築とは夢のあるやりがいのある職業であるという事を実感して頂ければと思います。(審査結果は、本協会HPにて令和3年12月1日~25日の期間において掲載されます。)今後 第3回4回と継続して開催していく予定です。宜しくお願い致します。

令和3年度 第4回支部役員会

 インフォメーション 事務局 広報 THE TUBE


令和3年度 第4回支部役員会

(一社)静岡県建築士事務所協会中部支部

令和3年10月12日(火)に令和3年度 第4回支部役員会が行われましたのでご報告させていただきます。

1 日  時 令和3年10月12日(火) 15:00~
2 会  場 事務局 大会議室
3 会  議              (1) 開会
(2) 支部長挨拶
(3) 本会理事会報告:要望書配布依頼について
(4) 新入会員の委員会配属について
(5) その他 
4 審議事項 

教育情報委員会: 11月研修旅行について
業務技術委員会:BIM同時体験会について 

報告事項

教育情報委員会: 9月ONLINE講習について

委員会報告        

1 総務拡大・財務委員会
2 会員委員会

3 広報渉外委員会
4 建築文化推進委員会

5 教育情報委員会
6 指導運営委員会
7 業務技術委員会
8 構造委員会
9 未来像検討特別委員会
10 中部建築技術会

7 監事所見  

「スマートシティプロジェクトの今」&「建築事務所をスマートオフィスへ」講習会を終えて

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

中部支部教育情報委員会
委員長 北河利之

令和3年の講習会は、昨年度に引き続き、新型コロナウィルスに翻弄されました。本年度の講習会も、新型コロナウィルスの影響でオンライン講習会となりました。もしかして、これがスタンダードの講習会スタイルになっていくのかとも思っています。
開催日の9月14日は、静岡県内では、緊急事態宣言下での開催となりました。今回の企画自身もオンライン講習会でないと開催できなかったということになります。
今回の企画を考える際には、私共、教育情報委員会の担当となっています研修旅行が新型コロナウィルスの影響で2年連続、中止になったことを鑑みて、何とかこのような状況下の中でも企画できる研修旅行とのセットでの講習会企画に出来ないかと委員会メンバーで考えました。
そのような中、今年度県内でトヨタ自動車が未来都市ウーブンシティを県内で着工しました。建築業界では、スマートシティとの官民連携強化が必要になると考えられます。しかしながら、建築設計者でこのような都市づくりについて理解し現状を見聞きする機会はまだまだ少ないと思われます。そこで今回は、町ぐるみでスマートシティを実践している藤沢市での実例の紹介をしました。また、スマートシティが身近になるような第一歩としての、インターネットとモノを連携し建築事務所をスマートオフィス化する講習会を企画して、研修旅行も同地区への見学会としました。
企画自身は、非常に良い企画に出来たと自負しています。しかしながら講習会参加者が45人と昨年度の申し込み人数より少なく、PR方法の検討は、今後必要と思っています。

令和3年度 第3回支部役員会

 インフォメーション 事務局 広報 THE TUBE


令和3年度 第3回支部役員会

(一社)静岡県建築士事務所協会中部支部

令和3年8月3日(火)に令和3年度 第3回支部役員会が行われましたのでご報告させていただきます。

1 日  時 令和3年 8月3日(火) 15:00~
2 会  場 事務局 大会議室
3 会  議              (1) 開会
(2) 支部長挨拶
(3) 本会理事会報告
(4) 教育情報委員会: 11月研修旅行について
(5) 業務技術委員会:BIM同時体験会について 
4 審議事項 

教育情報委員会: 9月ONLINE講習について

報告事項

中部建築技術会: 中部建築技術会主催 ゴルフコンペについて

委員会報告        

1 総務拡大・財務委員会
2 会員委員会

3 広報渉外委員会
4 建築文化推進委員会

5 教育情報委員会
6 指導運営委員会
7 業務技術委員会
8 構造委員会
9 未来像検討特別委員会
10 中部建築技術会

7 監事所見  

令和3年度 静岡県建築士事務所協会中部支部支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE

令和3年度 静岡県建築士事務所協会中部支部 支部長 高木 一滋

『‘21年新年度の抱負』

いよいよ、ラストスパートです!
まずは私の集大成として、本年度、取り組んでまいります。

思えば昨年からの世界を巻き込んだものは、未だに終息のメドが経たず、甚大なインパクトをうけました。
また、本会内においては、東部、中部、西部にあった事業に対する格差をなくす取り組みが続いております。

中部支部を取り巻く環境は決して明るいものとは言えませんが、そこは中部支部の底力を最大限発揮し、この局面を打破していきたいです。

具体的には、昨年度において数多くの事業が、中止や延期となりましたが、それら事業を今年は復活していきます。
今できる範囲で、最大限の効果がでるようにみなさんの叡智を絞りとりくんでいきます。
またそれにあわせ新たなことも試みたいと思います。

ラストスパート!
ぜひみなさまのお力添えを宜しくお願い申し上げます。

令和3年度 総務拡大・会員委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 総務拡大委員会 広報 THE TUBE 会員委員会

令和3年度 総務拡大・会員委員会 担当副支部長 清水 誠一

『新年度にあたり』

 今年度、会員委員会及び会計担当の副支部長と指導委員長を務めさせて頂くことになりました。

 会員委員会は、夏・冬の全体会議の懇親会の運営を通じ、会員同士の深い交流と、活発な支部活動の下支えを担います。今年度も、感染症予防の観点から支部全体での会合を開催できるか難しい状況ではありますが、建築士事務所協会の会員であることの意義を会員の皆様に感じて頂けるよう検討を重ねて参ります。

 指導委員会では、一般の皆様向けの定期無料相談を通じて、業界の信頼を高められるよう努めて参ります。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。

令和3年度 総務拡大・財務委員会担当 副支部長兼委員長あいさつ

 インフォメーション 総務拡大委員会 広報 THE TUBE

総務会員委員会_杉田晴彦

令和3年度 総務拡大・財務委員会担当 副支部長兼委員長 杉田 晴彦

『新年度にあたり』

 長引くコロナ禍の中、総務拡大・財務委員会としての活動が出来ていなかった昨年度の反省を踏まえ、積極的なリモート手段による活動も必要であると感じています。中部支部全体がより良い方向へ向かう為の活動・全体会議を、委員会メンバーと共に検討・実行したいと思います。
 昨年に引き続き、高木支部長の下、各委員会・支部理事会・三役会・事務局との連携を図りながら、会員拡大を視野にいれて事業に取り組んで行く所存です。ご協力の程、よろしくお願い致します。

令和3年度 建築文化推進・広報渉外委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会 広報渉外委員会

令和3年度 建築文化推進・広報渉外委員会 担当副支部長 山本康二朗

『新年度の抱負』

2020年は思いもかけず、大きな変革の年になったのではないでしょうか。先が見えないながらも、良い時代に移って行く予感でワクワクしております。
建築文化推進委員会の建築系学生対象「設計コンペ」も、予想を超える応募があり、良いスタートが切れました。今年度も引き続き確かな事業が確立できるよう邁進してまいります。
広報渉外委員会では、リモートがしやすいようにHPの改築も致しました。時代を読みながら変化する情報発信に努めます。
会員の皆様方のお力添えを頂きながら、新しい時代を楽しみながら作っていく覚悟です。
新年度も変わらずのご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

令和3年度 業務技術・構造委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会 構造委員会

脇坂

令和3年度 業務技術委員会・構造技術委員会 担当副支部長 脇坂 和洋

『今年度の抱負』

今年度も業務技術委員会と構造技術委員会の担当副支部長を務めます脇坂です。

昨年度はコロナ禍により委員会活動や講習会の運営に多大な影響がありました。業務技術委員会の講習会を延期せざるを得ない状況になりました。構造技術委員会の講習会はオンライン講習会としましたが、今までと違う形でしたので、ご迷惑をお掛けしたかもしれません。今年度はもう少しスムーズに出来るようにしていきたいと思います。

両委員会とも会員の皆様の役に立ち、実務に繋げられ、参加しやすくなるような企画、運営を心掛けていきます。

業務技術委員会では、設計に関することのほか、将来を担う人たちへの啓発などの企画をしていければと思います。

また、構造技術委員会では、構造的でありながらも構造以外の方々にも興味を持っていただく様な講習会を企画していければと思います。

高木支部長の下、中部支部と業務技術委員会及び構造技術委員会を少しでも支えていけるようにしたいと思います。1年間どうぞ宜しくお願い至します。

令和3年度 教育情報委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

令和3年度 教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『新年度の抱負』

早いもので2期目も後半となりました。今年度も引き続き情報教育委員会を担当させていただきます。

昨年度は委員会の皆さんが企画したオリンピック関連事業が新型コロナ感染症の影響ですべて中止となりました。一方リモート講習会にいち早く取り組み、それなりの先導役を果たしたのではないでしょうか。

今年度もまだまだ先行き見通せない状況ではありますが、新入正会員も2社加わりましたので、新しい感覚で事業を進めていけるよう、微力ながら協力していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

ページの先頭へ