インフォメーション

インフォメーション

令和2年度 業務技術・構造委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会 構造委員会

脇坂

令和2年度 業務技術委員会・構造技術委員会 担当副支部長 脇坂 和洋

『今年度の抱負』

今年度も業務技術委員会と構造技術委員会の担当副支部長を務めます脇坂です。
どちらの委員会も会員の皆様の役に立ち、実務に繋げられ、参加しやすくなるような企画、運営を心掛けていきます。
業務技術委員会では設計に関することのほか、将来を担う人たちへの啓発などの企画をしていければと思います。
また、構造技術委員会では、昨年同様に構造的でありながらも構造以外の方々にも興味を持っていただく様な講習会を企画していければと思います。
現在の状況下で講習会の開催をどうしたらいいか考えていかなければなりません。今までと違う形での講習会も視野に入れていきたいと思います。
高木支部長の下、中部支部と業務技術委員会及び構造技術委員会を少しでも支えていけるようにしたいと思います。1年間どうぞ宜しくお願い至します。

令和2年度 教育情報委員会担当 副支部長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

小池昌範副支部長

令和2年度 教育情報委員会 担当副支部長 小池 昌範

『新年度の抱負』

引続き2期目の情報教育委員会担当の副支部長を担当させていただきます。
新型コロナ禍の中、次々と事業が延期もしくは中止になっています。長引く予感もある中
これからは、ただ延期するだけではなく、どのようにしたら実施できるか、また本当に必要なことは何か、改めて考える良い機会ではないかと考えています。
現在は秋開催の研修会について意見交換を行っていますが、委員長をはじめ多くの委員の方々と事業の実施に向けて協力していきたいと思っています。
今期もよろしくお願いします。

令和2年度 建築文化推進委員会あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 建築文化推進委員会

中村博臣会員委員長

令和2年度 建築文化推進委員会 中村 博臣

『新年度への抱負』

今年度も前年度に引き続き建築文化推進委員会の委員長を務めさせて頂きます中村です。昨年度の事業は、委員会初の試みとなる建築系高校生を対象にした「設計コンペ」を開催するにあたり、そのテーマ設定・課題の検討・取り纏めでした。
そして昨年度末にその要項・資料を建築系学科有する県内の高等学校に配布・説明を実施し、建築系高校生へ「設計コンペ」の参加を呼び掛けました。
今回は記念すべき第1回の開催となり、エントリー数に若干の不安はありますが、作品提出締め切りを9月末とさせて頂いている中で、今からどの様な作品が見られるかとても楽しみにしています。
そして今年度の事業は、今後継続開催を予定している「設計コンペ」の第2回開催に向けて、次なる課題の検討等が主な内容となります。
第1回よりも更に魅力あるテーマを計画したいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

令和2年度 業務技術委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 業務技術委員会

令和2年度 業務技術委員長 栗原 崇

『新年度の抱負』

本年度より、業務技術委員長を努めさせていただきます。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
前年度は、前年末から年始にかけて世界で流行し始めた新型コロナウイルスにより、経済活動のストップなど各方面で様々な影響がありました。静岡県建築士事務所協会においても、政府の緊急事態宣言を受け、本年度5月末まで本会行事、各支部行事、そして委員会活動が自粛となりましたが、今後はコロナに負けない委員会活動を積極的に行っていきます。
その初年度は「BIM」をテーマに活動していきたいと考えております。 

委員会では、テーマに沿った講習会、研修会が、魅力ある有意義な事業となるよう、アフターコロナ、ウィズコロナとして、オンラインを最大限活用し活動していきたいと思います。
また、前年度実施しました長田西小学校サタデースクールへの参加、静岡理工科大学石川研究室学生発表会への参加を、コロナの影響を踏まえた上で今年度以降も、将来建築を担う人材育成への活動の一環として継続していきたいと考えております。

本年度は私が事務所協会に入会して14年。革新の年にします。
精一杯がんばりますので、みなさまのご協力、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

令和2年度 教育情報委員会あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 教育情報委員会

北河利之

令和2年度 教育情報委員会 北河 利之

『R02年度抱負』

昨年度、業務委員会と研修委員会との合同委員会として新しく教育情報委員会として生まれ変わりました。私自身もやっと、新しい委員会メンバーの顔と名前が分かったといった感じの昨年度でした。
今年度は、新型コロナウィルスの関係でスタートが遅れましたが、これを適期と捉えまして、建築業界では遅れているテレワークでの活用をテーマにした講習会を開催して、皆に新しい仕事スタイルを提供できたらと考えています。
やっと、委員会メンバーが一体となって協会活動ができることを喜びに感じ1年間委員会活動・協会活動を楽しんで行っていきたいと思っています。

令和2年度 会員委員会委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 会員委員会

佐藤太一

令和2年度 会員委員長 佐藤 太一

『今年度の抱負』

今年度も会員委員会の委員長を務めさせて頂きます、佐藤太一です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます
本来ならばこの場で「春の親睦会」の参加お礼を皆様にお伝えするところでしたが
新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止になりました。
また残念なお知らせですが「夏の納涼親睦会」も感染拡大の不安が払拭できないことから中止が決定されました。
毎年のビアガーデンを楽しみにして頂いた皆様、ご辛抱下さい。
なお唯一残された本年度の事業である「冬の親睦会」の開催は未定です。
厳しい状況ではありますが1日も早い新型コロナウイルスの収束を祈ります。オールクリアな状態で「冬の親睦会」が盛大に開催され、皆様の笑顔にお目にかかれる日を楽しみにしております。

令和2年度 構造委員長委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 構造委員会

針谷正己

令和2年度 構造委員長 針谷 友己

『新年度への抱負』

今年度も委員長を務めさせて頂くこととなりました。
当委員会は、最新の知見に基づいた耐震技術・建築防災・建築減災等の講習会を企画・開催することが主な活動となります。今年度は、働き方も変わり、講習会についても開催方法を考える必要があります。構造設計側からの視点によるものですが、構造関係者だけでなく、多くの会員の方々に少しでも興味を持って頂けるものにしたいと思います。

高木支部長、脇坂副支部長のご指導の下、委員会メンバーと共に活動して参ります。どうぞ宜しくお願い至します。

令和2年度 中部建築技術会あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 中部建築技術会

令和2年度 中部建築技術会 会長 佐塚 重仁

 

早いもので中部建築技術会の会長を拝命してから1期2年が経過し2期目となりました。中部支部正会員・協力会員の皆様の多大なご協力により相互の結びつきを深める事業を展開でき改めて感謝申し上げます。
新年度は社会の新たな常識の中、今まで行ってきた事業の手法も工夫を凝らし、より結びつきを深められるように努めてまいります。
今後も引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

令和2年度 広報渉外委員長あいさつ

 インフォメーション 広報 THE TUBE 広報渉外委員会

令和2年度 広報渉外委員長 塚本 章博

『新年度を迎えて』

新たな元号が始まり2年目を迎えると同時に新たな生活スタイルを求められ、周辺の環境が目まぐるしく変化し続けていく中で、人との関わり方、技術活用の仕方などその変化やニーズに対応していく為には、情報共有や人とのつながりは益々重要なものとなってきています。
今年度、広報渉外委員会ではメンバーや業界に向けてのwebを活用した講習会や情報共有に力を入れ、一段とホームページの活用をして頂けるよう尽力して行きたいと考えます。
同時に『the TUBE』の内容も変化を問われる年となりそうですので、これをチャンスととらえ「面白い発行紙」としていきたいと考えています。

令和2年度 中部支部監事あいさつ

 インフォメーション 事務局 広報 THE TUBE

天野勝次

令和2年度 監事 天野 勝次

『今年度の抱負』

高木支部⾧の下での中部支部が2期3年目に入りました。 昨年度は、新型コロナウィルスの発生のため後半の事業が相次ぎ中止となり、欲求不満の 一年になってしまいました。 これからは、ウィズコロナというこのような状況の中で、如何に事業を行っていくか、 難しい時代となってきました。各委員会の皆様も苦慮されていることかと考えられます。 監事 天野勝次 協会員の皆様のご協力をいただき、一日も早く正常な事業展開ができることを望んでいます。 以前にもお話したと思いますが、私は本会の指導運営委員会に出向しています。 本年度より、各支部にも指導運営委員会が発足し、この委員会のメンバーが毎月行われており ます「建築の定期無料相談」への対応を行うようになる予定です。併せて、ご協力のほどお願いいたします。

ページの先頭へ